くりっく365と店頭FXの違い

FXには取引所FXのクリック365と店頭FXがありますが、それぞれの違いを表にしてまとめてみました。

 

         くりっく365 店頭FX取引
取引価格  複数のマーケットメイカー(*2)により提示された価格の中で、最も投資家に有利な価格で取引できる FX会社により提示された価格での取引

スワップ

ポイント

同一通貨ペアでは売りも買いも同額 投資家が受け取るスワップポイントは少なく、投資家が支払うスワップポイントは多く設定しているFX会社が多い(*1)

取引可能

時間帯

取引できない時間帯がある

(詳細はこちら

原則、土日、元旦を除いた毎日焼く24時間取引可能

(*1)DMM証券(DMM FX外為ジャパン)は店頭FXだが、売りも買いも同額のスワップポイントで設定されている。またくりっく365のスワップポイントが、すべての店頭FXと比較して、常に受取額が多い、または支払額が少ないということではありません。

 

(*2)マーケットメイカーは以下の6社です。

コメルツバンク・アクツィエンゲゼルシャフト(コメルツ銀行)
ゴールドマン・サックス証券株式会社
 ドイツ証券株式会社
野村證券株式会社

バークレイズ・バンク・ビーエルシー(バークレイズ銀行)

株式会社三菱東京UFJ銀行

次へ → くりっく365のメリット

 

戻る ← くりっく365とは?