くりっく365とは?

くりっく365の誕生背景

 

日本で個人向けFXが始まったのは、1998(平成10)年。この年、外国為替及び外国貿易法(通称・外為法)が改正され、証券会社や先物取引会社が取り扱いをスタート。個人でもFX取引が可能になりました。その後、投資意識の高まりや、インターネット環境のブロードバンド化も重なったこと、そして投資効率が高いというFXそのものの特徴にも注目が集まり、多くの会社でFXを取り扱うようになりました。しかし、当時は取引を規制する法律や監督官庁が定められていなかったため、一部の悪質なFX会社によって勧誘行為や証拠金の扱いに関するトラブルが頻発し、健全で個人投資家も安心して取引に参加できるFX市場へのニーズが高まりました。このような状況を受け、FX取引を規制する改正金融先物取引法が2005(平成17)年7月に施行され、それと時を同じくして、金融取により上場されたFXの愛称が「くりっく365」なのです。

 

「くりっく365」は上場10周年を迎え、2013年からの手数料無料化もあって、多くの投資家の皆さまから高い評価を得ています

しかし、スプレッドを重視する一部の投資家及び法人等の大口投資家の方々から、手数料がかかってでも、スプレッドをタイト化して欲しいとの要望をお聞きしています。

そこで、このような投資家の皆様のニーズに応えるため、取引手数料はかかりますが、スプレッドをタイト化し、更に取引単位を10万通貨単位と大きくした新商品として、「くりっく365ラージ」を上場することになりました。

 

(以上取引所FXくりっく365 HPより抜粋 http://www.click365.jp/about/click365.shtml)

次へ → くりっく365と店頭FXの違い

 

戻る ← くりっく365